カウンセリング&アドバイス

式場にプロレスリング?!

おふたりの趣味はプロレス観戦。

プロレスリングは、2人の青春そのもの
だから、どうしても一生に一度の特別な日は
思い出がたくさん詰まったプロレスリングと一緒に過ごしたかった。

しかしプロレスリングを披露宴会場に置くなんてどこに相談しても、目を丸くし、困った顔。

“やっぱり、いくら大好きでも無理かな”

あきらめかけたときに言われた言葉が

“私たちがお力になります。”

当日、披露宴会場には大きなプロレスリング
そこで大好きなプロレスラーによるショー。

2人で刻んだ思い出がよみがえりながら
あたらしい2人の時間を刻みだす

憧れが実現された瞬間でした

国際結婚のふたり

文化も風習も違うから
どんな結婚式が一番いいのか悩む日々。

“日本”の常識やしきたりが邪魔をして
なかなか思うように進まない

でも、結婚式って誰のためのもの?

そんなときに言われた言葉が

“私たちがお力になります。”

大好きな人たちに囲まれて
大好きな音楽に乗って
歌って踊って

それが2人が望む結婚式の形でした

常識なんて関係ない
2人のことをとことん考えぬき
実現された国境を超えた瞬間でした

歌って踊って、陽気な結婚式を?!

アロハシャツでHawaiiを感じる結婚式!!

Hawaiiを通じて知り合った2人。

2人で大好きなHawaiiを感じ、
作りあげる結婚式を挙げたい。

新郎新婦みずからで、歌い・踊り・奏でる結婚式

ウェディングドレスじゃなくてムームーに。
タキシードじゃなくアロハシャツに。

でも、そんなの許されるのかな・・・。

そんなときに言われた言葉が

“私たちがお力になります。”

2人で奏でるHawaiiの音楽

うん。こっちのほうが自然体でいられる
おもわず笑顔が零れ落ちて
幸せがあふれる瞬間でした。

これはホンの一例のお話しです。カップルの数だけ、新郎・新婦の数だけ“こだわり”が詰まった式はあります。どうぞ、おふたりの“こだわり”を私にお聞かせください。その“こだわり”を一緒にかなえましょう。
ブライダルサロン ベリーメリーウェディング
お問合せフォームはこちらから